ノンカノ・ライブ

2012年2月12日 (日)

2ndライブ終了~!!

いきなりですが、ノンカノライブ2ndが今日終わりました~happy02 
ライブにお越し下さったお客様、いつも応援して下さってる皆様、
本当にありがとうございますm(_ _)m


久々に書き込みかと思ったら、もうライブ終わりsign02
どういうこっちゃsweat01
なので、少しづつ振り返ってみたいと思いますheart04

ノンカノ誕生の原点・・・原田宗典(はらだ むねのり)さんの「ぜつぼうの濁点」。
今回も振付新たにsweat01やりました。 
そしてやはり原田さんの作品で「百人の王様」。 
どちらも心があたたかくなる作品です。

短くてかわいい詩も読みました。「ちいさい かわの うた」です。

これからも1つ1つレパートリーを増やしていきたいですhappy01


次は音楽のことも紹介していきますねwink  カノンclover

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月18日 (日)

ノンノン・カノン 2nd ライブ やります!

  長らく ブログをごぶさたしてしまいましたcoldsweats01

季節は変わって、 木枯らし舞い散る12月。街はクリスマスのよおそいですねxmas

ノンカノは、2月にライブが決まって、こつこつ 作品づくりと練習を重ねてきましたshine

今回の朗読は、新作『百人の王様』は、前回と同じく原田宗典さんの心あたたまるお話です。

また、私たちの原点『ぜつぼうの濁点』と、小さなかわいい詩『ちいさい かわの うた』に即興で音楽をつけてみるということにもチャレンジしようと思ってますnotes

そしてそして、Ⅱ部の音楽ライブでは、ノンノンの音楽仲間が集まってくれて、にわかノンカノバンド結成punch ギター、ベース、二胡 と アコーディオンでコラボ! どんなハーモニーが生まれるか今から楽しみです~

今回は、アニメからの掘り出し曲。練習するたびに 「あ~いい歌やな~」とため息がでます。ノンカノのオリジナル曲や、お客さんと一緒に歌ったり、踊ったり(?)、ってなこともできるといいな~と考えておりますheart04 ワクワク

「201007111704515.JPG」をダウンロード ライブの詳細は以下のとおりです。

★2012年2月12日(日)①14時開演 ②17時30分開演

吹田 メイシアター 小ホール

前売り1,000円 当日券 1,500円

です。

ぜひ、見にきてくださいね。

とりいそぎお知らせまで~、ノンノンでしたnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月21日 (水)

1st ライブ レポート VOL.1~遅くなりました!

1st_kif_0787r_3      

ノンカノ1st ライブ たくさんの方に応援していただきなんとか終えることができましたshine

本当にありがとうございました。お礼とご報告が遅れてしまったことお詫びいたします。

今回、スタッフとしてたくさんの方がお手伝いくださいました。物語や歌に合わせてきめ細やかに光をあててくださり舞台がぐんと華やかになった照明、バランスや響きを調整してくださって安心して歌ったり楽器を弾くことができた音響、楽器のアシストや会場整備や受付の皆さん、そして会場に足を運んでくださったお客さま、応援エールを送ってくださった皆さま、

本当に本当にありがとうございました。皆さまのおかげでこんなに素晴らしいステージになりました。crying 感謝、感謝ですheart01

1stkif_0826r_2 

一部、朗読では3つのお話それぞれに趣は違いながら、同じ世界のどこか違う国のお話のようで、オムニバス形式で進めました。やればやるほど味わい深く、改めて原田宗典さんの物語の良さを感じたのでした。

二部、ノンカノ・ミュージックショーは、「ノンノンで~す」、「カノンで~す」と二人のおとぼけMCを入れながら、アコーディオンと歌、楽器、ダンスまで(会場の皆さんと一緒に踊りました~!) 盛りだくさんでしたnotes

日にちが迫るに従ってやりたい事がいっぱい出てきて、どんどん膨らんで、ライブ当日に間に合うのだろうか・・・coldsweats02 と焦りましたが、本番はライブの力でお客さまにも助けていただき、みんなが一緒になれた気がしてとても良かったです~shine

そんなこんなで、夢のようなステージでした。

次回、朗読の一場面や音楽で使った楽器など、もう少し詳しくご紹介したいと思いますhappy01

ノンノンレポートでした~note

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年7月12日 (月)

ライブ終了!ありがとうございました\(^O^)/

ノンカノ・ファーストライブが終わったのはつい昨日のこと・・・なんてそのまんまやhappy02
ご来場いただいたみなさま、ありがとうございましたhappy01
いつも応援してくださっているみなさま、無事終わりました。ありがとうございますhappy01
さあこれからレポートをバックステージを・・・といきたい所ですが、まだヘロヘロですbleah
も少し待ってやって下さいsweat01
ラストの曲で私たちといっしょに踊られた方、振付は覚えておられますか〜note
ライブの感想もどんどん書き込んでくださいねshine         カノンclover

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 9日 (金)

ノンカノライブチケット!!

わ~こんな時間sweat01 
ライブ本番が近づいてきましたheart01 もう予約していただきましたか?
まだこれからの人、当日でないとわからない人。2回目の17時~がおすすめですhappy01
今こちらで把握してる限りでは、1回目の方が混みそうな感じです。
ノンカノとしましては、もちろん来て下さるならどちらもうれしいですshine
2回見てもいいですって?
まぁなんてお優しいlovely
そんなあなたを心よりお待ちしていま~すheart02                カノンclover

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 5日 (月)

あと1週間を切ってしまいました。

まぁみなさんこんにちはhappy01私たちは今体がいっぱいほしい日々を送っていますsweat01
できることなら客席で楽しく参加したいなぁ〜・・・ナンテ言うと、ノンノンさんに叱られそうsweat01
楽しく創造して本番には、 ハイ!できあがり〜を目指していますhappy02
中身については詳しくお知らせできないのが残念ですが、みなさんも初めての経験ができるようになってますので、ぜひ楽しみにしてて下さいwink カノンclover

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月26日 (土)

ただいま追い込み中!!

こんばんはflair ブログ更新が遅れてごめんなさいm(_ _)m
とにかく盛りだくさん?で宿題がいっぱいのノンカノ2人ですcoldsweats01
ライブが終わったら、裏話もたくさんかけるのではと思います。

稽古(練習)には、紅茶とぶどう糖がかかせませんbleah
ぶどう糖は、お菓子みたいに売ってますよ~happy02

さぁやるぞsign03     カノンclover

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月10日 (木)

ノンノン・カノン 1st ライブ 続報!

Nonkano_4

ノンノン・カノン 1st ライブ のお知らせカード 兼 入場券 ができました。

7月11日(日)①14:00~②17:00~の2回公演です。

(受付開始1時間前、開場30分前)

(※前回のお知らせから公演時間が変更になりました。)

会場: 天六 音太小屋(ねたごや)

入場料: 1,000円

★席に限りがあるので、ご予約いただけると嬉しいです。

ご予約・問い合わせ はこちらへどうぞ。nonkanolive@yahoo.co.jp

090-5897-1722(宮田/留守録に入れてください。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 7日 (月)

「ゆめうつつ草紙」との出会い

私がこの本と出会ったのは、発売されてすぐのことでした。8年前ですね。
原田宗典さんの本はそれまで「旅の短編集(春夏編)」しか読んだことがなくて、
短くて読みやすいな~と大のお気に入りでしたhappy01

「ゆめうつつ草紙」の本を手にしてパラパラ見ると、字が大きくて、行間も広くてうれしかったですheart01
読み進めていくうちに、どうしても朗読したくて忘れられない作品がありました。
それが「ぜつぼうの濁点」です。


このお話をどうしても伝えたい!!
そして、とうとう実現する時がやってきましたsign03
ノンノンさんと一緒にhappy02
私1人じゃなくて音楽までついている♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

きっと原田さんにも喜んでいただけると、確信しています!(大胆にもlovely

もちろんノンカノ・ライブにお越しいただくあなたにも、楽しんで喜んでもらいますsmile
だから7/11(日)は空けといて下さいねsun    カノンclover

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 1日 (火)

ライブ朗読 ~原田宗典さんの短編集「ゆめうつつ草紙」から~

2010060105560000

ノンノンです。記事を書くのはお久しぶりになってしまいました。前回風邪をひいて以来、寝込むほどではないけど、微熱のつづく横ばい状態のなか、毎日次から次とおそってくる(やらないといけないこと)の大波小波wave・・・にあっぷあっぷしてました・・・coldsweats02

さて、今ライブに向けて取り組んでいる作品をご紹介します。

今回、3本の短いお話の朗読をしますが、そのお話はすべて原田宗典著「ゆめうつつ草紙」からの作品です。タイトルは

「嘘の女王」  「二〇〇六歳になったぼくの話」  「ぜつぼうの濁点(だくてん)」

原田宗典さんは、カノンさんに教えてもらって初めて読んでいっきに心奪われたのでした。

短いお話の中に あっflair とか えっimpact とか そうかshine と思わず感嘆詞がでるような設定や展開があり、そして、じんわり、そうなのかぁheart02 と思わせる結末・・・読んだ後しばらくその世界に浸ってしまう・・・くせになりそうな、この独特の世界観・・・typhoonなのです。

もともと、カノンさんと二人で組んで朗読とアコーディオンでやろうという話になった時に、カノンさんはただ朗読をしたいのではなく、「私は原田宗典さんの作品の朗読をしたいっsign03」とこぶしを握りしめて叫んでおりました。とあるファミレスの片隅・・・。

という訳で、原田宗典さんの作品は、私たちの誕生のきっかけであり、モチベーションになっている大きな存在であります。原田さん自身も「これらの作品はぜひ声に出して読んでみてください」と書かれています。私の音楽も原田さんのお話に触発されて生まれました。

今回、原田さんのご了承を得ることができ、ライブで使わさせていただくこと、そしてブログでご紹介させていただくことができました。何というしあわせ~shine

ぜひ、原田宗典さんの世界に出会ってみてくださいませhappy01

by ノンノンでしたnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)